鼻尖縮小クリニック選びのコツ

鼻中隔延長による傷跡

鼻中隔延長による傷跡は?

鼻中隔延長手術は、鼻を下向きに修正する為の手術となってきますから、鼻の穴が上を向いてしまっているような場合に、適切な方法となってきます。

鼻中隔とは、鼻を左右に分けている軟骨のことになるのですが、この鼻中隔によって鼻すじや鼻さきの向きが変わってくることになってきます。

鼻中隔を変えてあげることで今まではとは違った鼻となるということですが、この手術を行う際には、切開が必要となってきますから、気になってくるのは傷跡でしょう。

鼻を下向きにする場合には、鼻中隔に軟骨を足してあげるということになりますが、その軟骨は耳の後ろの軟骨や胸の下の当たりの骨を利用したりします。

当然ですが、耳の後ろなども切開して軟骨を取ることになるので、そこには傷痕が残ることになります。

耳の後ろなどの場合には、シワなどに沿って切開しますから、傷跡が目立ってしまうということはないでしょう。

鼻の方に関しては、外から見える位置に傷痕はきますが、できるだけ目立たない位置で切開することになりますから、見た目ですぐにわかるということはほとんどないでしょう。

鼻中隔延長の傷跡はどのくらいで目立たなくなる?

鼻中隔延長手術のダウンタイムはだいたい2週間前後となってきます。

ダウンタイムの期間中は、軟骨もしっかり固定されていませんから、触らないようにすることが大切です。

傷跡もダウンタイムが終了する頃には、落ち着いてきますが、目立たなくなるのには、もうしばらくの期間が必要となってきます。

傷跡は、目立たない位置になってきますし、徐々に肌になじんでくるので、自然と目立たなくなってきますが、これも手術を行った医師の腕もありますから、医師の選択はとても重要なものとなってきます。

時には、傷跡に段差がついてしまって気になって仕方ないということもありますが、これも医師の技術などもありますから、やはり医師の選択は慎重に行う必要があるでしょう。
鼻中隔延長のできるクリニック

最新記事

  • 鼻中隔延長による傷跡は? 鼻中隔延長手術は、鼻を下向きに修正する為の手術となってきますから、鼻の穴が上を向いて …

    鼻中隔延長による傷跡

  • 鼻尖縮小のオープン法とは? 鼻尖縮小の手術の方法には、オープン法とクローズ方とがあり、オープン法とは、鼻の表側 …

    鼻尖縮小のオープン法

  • 小鼻にヒアルロン酸が選ばれる理由は? 小鼻を高くしたいといったときに人気の高いのがヒアルロン酸の注入となってき …

    小鼻 ヒアルロン酸が選ばれる理由